光回線と携帯回線をセットにしたセット割があります

最近、光回線の業者が高齢の方が住むお宅を訪問し、しつこい勧誘を行ったり、判断力の劣った高齢者をうまく言いくるめて契約させるなど、光回線に関連した契約トラブルが増えつつあります。
そのような事態を鑑みて、総務省は契約後8日以内なら問題なく解約が行える光回線契約に関して2015年にもクーリングオフ制度導入の方針を明白にしました。
光回線ではセット割という様なサービスが設定されているケースが多くあります。
セット割というのは、携帯回線と光回線を一緒に契約を行うもので割引を受けることができるといったものです。
この分野では、これ以降キャリア大手による競争の激化が予測されています。
どこの光回線にしたらいいのかわからない時には、おすすめがのっているサイトを参考にすると良いのではないでしょうか。
色々な光回線を扱っている会社を比べてくれているので、そのうちから自分の生活にあうものを採択すれば良いと思います。
お得なキャンペーンが実施されていることも発見できるでしょう。
プロバイダを選んだ後、契約を行う際、最低利用期間を掲げているプロバイダが多くなっています。
キャンペーン特典だけ貰って、すぐさま退会をされたり、他に光乗り換えられてしまわないように違約金の設定をしているからです。
万が一、途中での解約を考える場合には、違約金に関してよく確認を取ってから手続きしていった方がいいでしょう。